1. ホーム
  2. 医師のバイト
  3. ≫バイト医師に保険は必要? 医師賠償責任保険とは?

バイト医師に保険は必要? 医師賠償責任保険とは?

医療事故、医療紛争が起きた時に備える保険が、医師賠償責任保険です。

「何かあっても、病院が責任をとってくれるだろう」とあなたは思っていませんか?

たしかに一般の会社では、会社員個人が訴えられることはほとんどありません。個人を訴えても、賠償金を取れる可能性が低いからです。単純に支払い能力の問題ですね。だから、個人でなく、企業を訴えるケースが多いんですね。

しかし、医師の場合は別です。年収から逆算して、数千万円の賠償金も支払い可能と判断されるケースが多いわけです。

このため、医療事故等の場合には、病院と医師個人を連名で訴える…というケースが増えてきているんですね。もちろん、バイト医師であっても同じ。

さすがにバイト医師個人が100%賠償金を支払うというケースはまれですが、病院と個人が賠償金を折半というケースも増えてきています。

医師賠償責任保険とは?

日本医師会に加入している医師は、強制的に「日医のの医師賠償装責任保険」に加入させられるようになっています。自動車の自賠責保険のようなものですね。

日本医師会に加入していない勤務医や、クリニックは民間の任意保険に加入するケースが多いようです。

補償金額はどのくらいが良い?

もちろん、補償額は多い方が良いに決まっていますが、保険料金との兼ね合いもあります。加入者がもっとも多いのは、1事故2億円の補償タイプ。全体の59%が2億円プランを選択されているようですね。

医療事故や医療紛争は、完全に避けることはできません。日医でも民間でも構わないのですが、医師賠償責任保険に加入しておくことが賢明と言えるでしょう。