1. ホーム
  2. 専門医の資格
  3. ≫お金をもらいながら専門医資格を取得する方法

お金をもらいながら専門医資格を取得する方法

専門医の資格って、どのくらいあるかご存じですか?
ざっとこのくらいあります。

総合内科専門医 小児科専門医 皮膚科専門医 精神科専門医
外科専門医 整形外科専門医 産婦人科専門医 日本眼科学会専門医
耳鼻咽喉科専門医 泌尿器科専門医 脳神経外科専門医 放射線科専門医
麻酔科専門医 病理専門医 臨床検査専門医 救急科専門医
形成外科専門医 リハビリテーション科専門医 消化器病専門医 循環器専門医
呼吸器専門医 血液専門医 内分泌代謝科専門医 糖尿病専門医
肝臓専門医 アレルギー専門医 感染症専門医 老年病専門医
神経内科専門医 消化器外科専門医 呼吸器外科専門医 心臓血管外科専門医
小児外科専門医 小児神経専門医 日本心身医学会専門医 リウマチ専門医
消化器内視鏡専門医 大腸肛門病専門医 気管食道科専門医 新生児専門医母体・胎児専門医
生殖医療専門医 臨床遺伝専門医 超音波専門医 核医学専門医
集中治療専門医 日本輸血・細胞治療学会認定医 漢方専門医 温泉療法専門医
臨床薬理専門医 産業衛生専門医 病態栄養専門医 透析専門医
がん薬物療法専門医 一般病院連携精神医学専門医 血漿交換療法専門医 ペインクリニック専門医
日本脳卒中学会専門医 細胞診専門医 心療内科専門医 放射線腫瘍学会認定医
頭痛専門医 てんかん専門医 IVR専門医 脳血管内治療専門医
肝胆膵外科高度技能専門医 脈管専門医 血管内治療認定医 乳腺専門医
人間ドック専門医 高血圧専門医 総合健診専門医 家庭医療専門医
レーザー専門医 気管支鏡専門医 婦人科腫瘍専門医 一般病院連携精神医学専門医
口腔外科専門医 歯周病専門医 小児歯科専門医 歯科麻酔専門医
歯科保存専門医 腎臓専門医 心血管インターベンション専門医

これらの資格取得には、

「学会の指定する研修施設で、一定期間以上研修プログラムを履修すること」

っていう条件がついていることがほとんどなんですよ。

研修が終わったら、さらに試験を受けてようやく専門医資格が取得できるわけです。

専門医を取得したいけど、不安が…

  • 転科したいけど、イチから受け入れてくれるような病院がないんじゃ?
  • 症例数が足らないなんてことない?(自分のところに回ってこないとか)
  • 指導医と人間関係的にうまくいかなかったら…?
  • 学会や勉強のための時間がなさそう…
  • 所属病院が専門医認定施設から外されたりとか、勘弁!

実は、医師の転職あっせんサイトで、専門医取得可能な求人をあっせんしているサイトがあります。

上記の大量の専門医のうち、89.8%をカバーしています。

  • 未経験・転科OKの病院あり
  • 事前に症例数・他の医師の状況、使用機材など求人票にない情報もわかる
  • 指導医の状況、病院の指導体制など、求人票に載らない情報もわかる
  • 学会参加や勉強時間の確保を前提として、スタッフが条件交渉してくれます
  • 経営にたずさわる担当者からの求人のため、指導医が急に辞めるとか、経営方針が変わったなんていうトラブルをある程度防げます

また、直接交渉しないことで、「名前を隠したまま情報収集」できるのも嬉しいポイント。聞きにくいことをかわりに聞いてもらえるのもいいですね。

専門医取得したら、また転職しても大丈夫?

そんな虫のいい話、ないよね…と思うところですが、再転職に理解を示していただける医療機関もあるそうです。事前に相談しておくと、話がスムーズに進むでしょう。

こういった専門医取得可能な求人を紹介してくれるサイトが、医師転職ドットコムというサイト。求人が少々大都市に偏っている傾向があるのが欠点といえば欠点ですね。

さらに詳しい情報は、無料会員登録後、「テーマ別求人特集」の「専門医求人特集」をチェックしてみてください。

>>>医師転職ドットコム